僕のヒーローアカデミアのネタバレ!物語に隠された5つの謎を大公開

僕のヒーローアカデミア ネタバレ

 

漫画・僕のヒーローアカデミアは、連載開始当初から話題が沸騰しており2巻が発売した頃には、「次世代を担う作品」とまで言われました。

 

斬新な設定や少年誌が忘れかけていた、「正義」についての原点回帰をした本作は、若者から大人世代まで絶大な支持を集めています。

 

そんな僕のヒーローアカデミアですが、今後どうなっていくのか気になりますよね?

 

ここでは、僕のヒーローアカデミアのネタバレについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

ネタバレ1:轟とエンデヴァーの関係に新展開!?

 

僕のヒーローアカデミア ネタバレ

 

課題を終えた4人は、子供の心を掌握し色々な面で成長を感じ取ることができました。

 

当初こそ仲が悪かった4人ですが、一致団結して課題を克服することによって間柄は少しずつ改善されていったのです。

 

成長した4人を出迎えたのは、エンデヴァーやオールマイトといった面々。

 

エンデヴァーの息子・轟焦凍は、エンデヴァーと対面した際に「久しぶりだな」と声をかけられます。

 

触ろうとする手を払いのけるなど、まだ嫌悪感を抱いているような節がありますが、人前なので恥ずかしがっているとも受け取れるでしょう。

 

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミアの個性ランキング10!
結果が意外すぎた…

 

そしてエンデヴァーは、「お前は自慢の息子だ」と語り、都合の良い女と結婚(個性婚)したことを誇りに感じているのです。

 

続けて「父はNO1ヒーロー、最も偉大な男であると、お前が胸をはれるヒーローになろう」と宣言。

 

その宣言を恥ずかしそうに聞く轟を見るなら、親子の関係がほんの少しずつですが前進していると分かりますね。

 

場面は変わり数日が過ぎて、夏の気配が無くなり寒暖の差が激しくなってきました。

 

出久の周りにはちょっとした変化が見られるようになり、そこにちょっと戸惑っている出久。

 

その正体は、どうやら「青山」のようで、チーズを食べさせたりと急接近…。

 

一体、この先どうなるのか気になる所で、167話は終わりました。

 

 

ネタバレ2:青山に隠された本性がヤバすぎた…

 

僕のヒーローアカデミア ネタバレ

 

僕のヒーローアカデミアの168話は、青山が出久の部屋を窓から眺めている衝撃的な描写からスタートします。

 

それも夜遅い時間、出久が寝ている時にこっそり窓が見ているので、出久はかなりドキドキ…。

 

青山がいた所のカーテンを開けたとき、窓の外には「ぼくはしっているよ」という謎のメッセージがチーズで表現されていました。

 

翌朝、青山に目線を向けると、どうやらサプライズだったようで出久はさらに混乱状態。

 

スポンサーリンク

 

場面は変わり、セメントス先生の授業で個性をコントロールすることが実習課題であると発表。

 

出久はまだまだ、パワーの制御ができなくて苦闘しているところ、青山がおもむろに近づいてきて自身の技を披露。

 

しかし体調を崩したので、出久が青山と一緒に休んだ時に「夜のサプライズって何?」と聞いたところ、どうやら青山は出久が個性をコントロールできていないことw知っているとのこと。

 

知ってしまった理由は、どうも青山と出久は似ている所があるようで、青山は感覚的に気づいたのだとか。

 

窓から眺めていたのも、チーズでメッセージを残したのも全てはサプライズであり、出久を励まそうとしていたのです。

 

こうして、出久と青山はこれまで以上に仲良くなりました。

 

 

ネタバレ3:文化祭の出し物で衝撃の展開へ…

 

僕のヒーローアカデミア ネタバレ

 

出久と青山が仲良しになってから、場面は大きく変わり169話では文化祭が開かれることが発表されました。

 

文化祭で何を出し物にするか、クラスから様々な提案が出されましたがどれもクラスの同意を得られることはありません。

 

その後、皆から出た意見を一つ一つ吟味していきましたが、それでも何を出し物として提供するかで意見の同意はなし。

 

困り果てたところで、轟の口から「ダンスで盛り上がらないか?」という意外な提案が飛び出します。

 

ワイワイするタイプではない轟からの提案に、インターネットの動画を参考にこれなら文化祭に出せるという意見がまとまりました。

 

ダンスによって人を笑顔にできるかもしれないので、ヒーロー活動に根差しているものと判断されます。

 

そこでクラスには、耳郎という楽器を演奏するのが得意な子がおり、その子が了承してくれたのでようやく文化祭の出し物が決まったのです。

 

A組の出し物は、「生演奏とダンス」でパリピ空間を提供します。

 

 

ネタバレ4:文化祭に忍び寄る魔の手…?爆豪の隠された事実が明らかに!

 

僕のヒーローアカデミア ネタバレ

 

文化祭が1か月後に迫ったある日、違法動画をアップロードしているヴィランが姿を現わします。

 

消費期限の偽造など、犯罪行為をする人々に制裁を加えるべく動画を5年前からアップロードし続けていますが、全く再生数が伸びません。

 

このままでは、数多の動画の中に沈んでしまう危機感を、「ラブラバ」は抱いていましたが、ジェントルはそんなことお構いなし。

 

スポンサーリンク

轟の過去が悲惨…
性格や能力、名言まとめ

 

批判的なコメントも、「次の動画がそれを凌駕していく」と非常にポジティブであり、前を常に向いて生きています。

 

これまでの動画を振り返り、反省点を活かしながら立ち止まらずに次へと進む姿勢は、多くの人に感動と勇気を与えているのです。

 

ジェントルが次に向かったのは、ヒーロー候補生を修行している雄英高校。

 

場面は変わり、雄英高校1年A組では、文化祭の出し物が決まったことでどんな曲にするのか、誰が演奏するのかを決めていました。

 

耳郎がリーダーとなり、楽器やどんな曲を使うのかを決めていくところで、爆豪が突如として「おれやらねー」と発言。

 

水を差すような発言に轟が怒りを露わにしますが、それにひるむような爆豪ではありません。

 

そんな中、上鳴が「爆豪は音楽教室に行かされていた」と爆弾発言をし、彼がドラムを演奏できることが明らかになりました。

 

それもかなりの実力を持っているので、これでドラムの演奏は爆豪で決まりです。

 

 

ネタバレ5:出久の能力を開放できた謎がついに判明!

 

僕のヒーローアカデミア ネタバレ

 

文化祭の出し物が演奏とダンスで決定した1年A組は、楽器やボーカルを誰がやるのかを決めていきます。

 

補習が終わったメンバーも次々に合流し、いよいよ誰がどのパートをやるのかを決める段階になりました。

 

欲しいのピアノやギター、そしてボーカル。

 

ピアノは子供の頃から「マナー」として勉強していた、八百万に決定し残りはギターとボーカル。

 

ギターは上鳴と常闇の2人で決定し、ボーカルは耳郎の美しい歌声で皆が魅了されたので満場一致で決まりました。

 

こうして文化祭のキャスティングが決定し、さらに盛り上がる1年A組。

 

一方そのころ、「仮眠室」でオールマイトと出久が何やら真剣な話をしています。

 

20%まで力を開放したところ、体が悲鳴を上げてしまいどうすることもできなかった点について思い悩んでいた出久。

 

遠距離攻撃に対処する方法も見つからず、どん詰まりで答えの出口が見つかりませんでした。

 

そこでオールマイトは、「ちょっと場所を移そうか」といい、学校敷地内の緑化地区へと移動。

 

今持っている能力を開放してみろとオールマイトは指示し、出久は20%を開放して攻撃を繰り出します。

 

オールマイトは、20%の力を一瞬だけ「ここぞ」という場面で出して、体への負担を最小限にする方法を提案。

 

体の中で最も繊細に動かすことができる場所を使って、つまり指先で練習をして更なる高みへと目指すことになりました。

 

172話の最後では、エリちゃんが雄英高校の前に立ち緊張の面持ちをしている描写で終わりです。

 

 

まとめ

 

僕のヒーローアカデミア ネタバレ

 

ここでは、僕のヒーローアカデミアのネタバレについて紹介していきました。

 

課題の実習が終わり、出久と青山が急接近し謎が残る青山の行動でしたが、単純に出久を励ますために接近してきたのです。

 

その後は文化祭の出し物についての決定があったり、オールマイトと出久が特訓をして能力の一時的な放出について学んだり…。

 

色々と盛りだくさんなので、まだ未読の方はぜひ読んでみることをオススメします!